中国通信コンサルティング業界のトップを目指せ

劉羽(通信戦略グループマネージャー)

“専門プロジェクトグループの強化”

NRI上海の通信コンサルティング事業は、まだ発展の初期段階にある。巨大な中国通信業界市場で、これから発展の余地は十分にあるが競争も熾烈を極めると考えられる。このような環境の中で生き残っていくために、顧客の信頼を勝ち得る強いプロジェクトグループを立ち上げなければならない。それが今年のもっと重要な任務の一つだと通信戦略グループリーダーである劉羽は語った。NRIでは等級、地位による差を感じることがなく、和やかな雰囲気の中で活力と団結力とを十分に発揮することができると、欧米企業での勤務経験の長かった劉も、NRI文化については満足げだ。

“3Gのチャンスをとらえ、市場を開放”

通信企業がコンサルティング会社に業務を依頼するかどうかを決めるとき、前提条件として“協力できる相手”であることが絶対だ、と劉は言う。NRIはすでに中国三大電信キャリアのその条件をクリアしている。つまり、すでに業界へのトビラは開かれていると言う。

以前は中国移動(チャイナ・モバイル)だけが特別に予算を組んでいたが、現在は3Gネット運営の時代。中国の通信産業界は新しい時代を迎えている。他社もそれぞれ3G立ち上げに取り組んでいる。さらに力を込めて劉はこう語る。「特に、中国聯通が現在扱う3G WCDMAネットワークは全世界でもっとも成熟した3Gネットツールになる。日本の3G市場は最も成熟しており、その発展の過程の中でNRI本社と日本のキャリアは強い協力関係を構築してきた。そういった経験を通して蓄積してきたNRIの持つ業界運営のノウハウは、中国キャリアにとっても大きな魅力である。劉は中国通信産業界にNRIのためのトビラを開きたいと思っている。

“慎重な態度”

NRIの慎重で手堅い仕事への態度はまさに中国のキャリア業界が求める姿勢。中国通信業界で10年のキャリアを持つ劉は、将来についてこう答える。「中国市場への進出は欧米のコンサルティング会社よりも遅れをとってスタートした。しかし、我々の目標は明確である。今後5年以内に、私が育てたプロジェクトグループは中国における通信業界コンサルタントとしてトップになるだろう。」終始穏やかな表情な劉であったが、この言葉には、彼の強い意志と自信が感じられた。

photo1 photo2 photo3 photo4