お客様の立場になることはすべての責任を背負うこと

唐栄(主任)

信頼を得るために重ねるひたむきな努力

事業戦略部に籍を置く唐は、マーケティング戦略の立案や事業パートナーの選定コンサルティングを担当する。

「常にクライアント企業のことを自分のこととして考えることですね。戦略立案のセンスも大切ですが、クライアントの立場から物事をとらえ、それに対して全責任を負う意識と覚悟がなければこの仕事は務まらない」

冷静な面持ちで、慎重に言葉を吟味しながら話す唐だが、内に秘めたハートは熱い。仕事に対する情熱は、NRIコンサルタントのなかでもひと際強いものを持っているというのが周囲からの評判でもある。

2003年の入社以来、建築や機械、IT、家電などさまざまな企業のコンサルティングを手がけてきた彼は、どのような業界の仕事であれ「NRIの唐に任せておけばすべて安心だ」といわれるよう常に心がけてきたのだという。そのための地道な研究努力は絶対に欠かさないのが、NRIコンサルタントとしての意地だ。一般的に、抱えるプロジェクトの期間は1~3ヶ月程度の短期であることがほとんどである。ひとつひとつ経験を積みながら新しい知識を獲得していくのと同時に、それを瞬時に結果に変えていかなければ、この限られた時間のなかでクライアントが満足する仕事を残すことはできない。「戦略性やロジカルな思考力が必須なのはもちろん、仕事への情熱、ハードなスケジュールをこなす体力、何事にも動じない精神力など、人間として総合的なバランスが、コンサルタントには求められるのです」

ECが明日の中国ビジネスを左右する

Eコマースの分野においても一定の実績を上げているNRI。唐ももちろん、その市場開拓には余念がない。BtoBのアリババやebay、CtoCの当当網やアマゾンなど、大きな勢力を誇るサイトが続々と育つEコマース市場は、中国において最も注目を集める分野のひとつであり、それなくしては、もはや中国ビジネスは語ることができなくなってきている。

「海外でグローバルな知識を得て帰国した留学生など、若くて優秀な人たちが中心となって成長している新興市場です。その拡大の余地は計り知れないものがある。その生命力に魅かれます」

やはり落ち着いた語り口で話す唐は、冷静に市場動向を分析する。
「BtoBは企業間の信頼関係や情報の共有をベースにしているため、シンプルに規模の拡大化が望める。カスタマー同士のマッチングという不確定要素に制約されない分、よりスピーディな成熟がみられるのではないかと考えています」
どの業界であれ、これからのマーケットを大きく左右する勢力としてEコマースが秘める可能性はあまりに大きい。コスト削減や販売の多チャンネル化など、中国におけるビジネス環境を動かすのはEコマースであると、唐は確信している。

さまざまなジャンルでのキャリアを重ねてきた唐だが、今後は1~2年をかけて、IT及び自動車の分野での地位を確立したいと言う。ひたむきな努力の大切さを、唐は誰よりも深く知っている。小さな進歩が大きな未来を創ることを信じ、常に今ある自分を超えることを目標に、唐は今日も進み続けるのだ。

photo1 photo2 photo3 photo4